M.Hiroi's Home Page

Memorandum

プログラミングに関する覚え書や四方山話です。
[ Home | 2022年 1月, 2月, 8月 ]

2022 年 8 月

8月20日

●Ubuntu 20.04 LTS

今まで M.Hiroi は WSL1 で Ubuntu 18.04 LTS を使ってきましたが、通常のサポート期限 (2023 年 4 月) が近づいてきました。ちょっとはやいですが、新しい Ubuntu をインストールすることにしました。本当は Ubuntu 22.04 LTS を使いたかったのですが、日本語の設定が上手くいかなかったので、Ubuntu 20.04 LTS をインストールしました。

日本語の設定方法は簡単です。language-pack-ja をインストールして、コマンド update-locale でロケールを変更するだけです。

sudo apt install language-pack-ja
sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF8

設定を有効にするためには、端末 (ターミナル) を再起動してください。設定は echo $LANG や locale で確認することができます。

$ echo $LANG
ja_JP.UTF8
$ locale
LANG=ja_JP.UTF8
LANGUAGE=
LC_CTYPE="ja_JP.UTF8"
LC_NUMERIC="ja_JP.UTF8"
LC_TIME="ja_JP.UTF8"
LC_COLLATE="ja_JP.UTF8"
LC_MONETARY="ja_JP.UTF8"
LC_MESSAGES="ja_JP.UTF8"
LC_PAPER="ja_JP.UTF8"
LC_NAME="ja_JP.UTF8"
LC_ADDRESS="ja_JP.UTF8"
LC_TELEPHONE="ja_JP.UTF8"
LC_MEASUREMENT="ja_JP.UTF8"
LC_IDENTIFICATION="ja_JP.UTF8"
LC_ALL=

コマンド man で表示されるマニュアルを日本語化するには、次のパッケージをインストールします。

sudo apt install manpages-ja
sudo apt install manpages-ja-dev

端末は Microsoft が開発している Windows ターミナル を使ってみることにしました。Ubuntu (bash) だけではなく、PowerShell やコマンドプロンプトも起動できるので便利です。Windows 10 の場合、Microsoft Store から無料でインストールすることができます。

Windows ターミナルには Microsoft が開発したオープンソースのフォント Cascadia Code が同梱されています。M.Hiroi は RictyDiminished というフォントを愛用していますが、Cascadia Code はサイズを小さめにしても視認性は悪くなかったので、しばらくの間は Cascadia Code を使ってみようかな、と思っています。


2022 年 2 月

2月5日

●.NET

C# Programming へ移動しました。

●F#

F# Programming へ移動しました。


2022 年 1 月

1月1日

あけましておめでとうございます

旧年中は大変お世話になりました
本年も M.Hiroi's Home Page をよろしくお願い申し上げます


Copyright (C) 2022 Makoto Hiroi
All rights reserved.

[ Home ]