企業の皆様へ

長岡市高等職業訓練校で学ぶ訓練生は実際の事業所にて実習を行い、企業の即戦力となる人材を育成しております。
そのため、訓練生を受け入れて頂ける企業や、本校にて自社社員の育成を行う企業は、様々な支援・助成等を受けられます。

職業訓練校を利用する

後継者・熟練技能者などの貴重な人材教育ができる

あなたの会社の未来を担う後継者や貴重な技術を継承した熟練技能者の人材育成を、様々な支援・助成を利用して行うことが出来ます。
主な助成金・支援は以下の2つとなります。

人材開発支援助成金

人材開発支援助成金は、
労働者の職業生活設計の全期間を通じて段階的かつ体系的な職業能力開発を効果的に促進するため、雇用する労働者に対して職務に関連した専門的な知識及び技能の習得をさせるための職業訓練などを計画に沿って実施した場合や人材育成制度を導入し労働者に適用した際に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度です。
企業の人材育成と労働者の職業能力開発の為にぜひご活用ください。

人材開発支援助成金についての詳細【厚生労働省HP】

建設労働者確保育成助成金

建設労働者確保育成助成金は、
中小建設事業主や中小建設事業主団体等が、建設労働者の雇用の改善や建設労働者の技能の向上等をはかるための取組みを行った場合に助成を受けることができます。
つまり認定職業訓練を受けさせる建設事業主で、「人材開発支援助成金」の支給決定を受けた事業主に、「人材開発支援助成金」に加え賃金の一部が助成される制度です。

建設労働者確保育成助成金についての詳細【厚生労働省HP】
こちらの資料にて助成金の概要とポイントを参照願います。

訓練生受入(分散訓練)のメリット

貴重な人材確保(技術者)の窓口

長岡市高等職業訓練校は、各科の高度な知識・技術・技能を効率よく習得・育成し、現場の即戦力ひいては業界の未来を担う人材を育成する機関です。
本校訓練生の受入れ(分散訓練)により、訓練生が前もって業務に対する適性があるのか、労働者の性格が社風に合っているのかなどの判断をしたうえで、向上心をもって技術者の道を歩もうとする貴重な人材を確保する窓口となり得ます。

受入事業所に対する支援金の支給

本校訓練生の受入事業所には「実習(分散訓練)支援金」として、本校より1日 2,000円を支給します。

保険加入で安心

本校訓練生は「職業訓練生総合保険」に加入しますので、安心して実習・訓練ができます。